『一私小説書きの日乗 遥道の章』西村賢太著

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一私小説書きの日乗 遥道の章

『一私小説書きの日乗 遥道の章』

著者
西村 賢太 [著]
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784041042021
発売日
2016/05/30
価格
2,052円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『一私小説書きの日乗 遥道の章』西村賢太著

[レビュアー] 産経新聞社

 私小説作家による日記第4弾。期間は平成26年6月20日から27年6月19日まで。著者の小説が全然売れないというネットニュースに自虐的な反論をしたり、憧れの稲垣潤一さんと交友関係を結べ「おめおめ生きてて良かった」と感じたり、S社のY編集長をネチネチと罵倒したり…。大半は目を覚まし、入浴し、サウナで汗を流し、鶯谷の居酒屋でなじみの編集者と呑(の)み・食らい、自宅では腹ばいになってノートに作品の下書きをし、清書し、再び呑み・食らって寝るという日々。これが癖になりそうに面白い。著者の私小説を無性に読みたくなる。(KADOKAWA・1900円+税)

産経新聞
2016年6月5日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加