『明治という奇跡 栄光の時代を訪ねて』皿木喜久著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治という奇跡 栄光の時代を訪ねて

『明治という奇跡 栄光の時代を訪ねて』

著者
皿木 喜久 [著]
出版社
展転社
ISBN
9784886564269
発売日
2016/05/30
価格
1,404円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『明治という奇跡 栄光の時代を訪ねて』皿木喜久著

[レビュアー] 産経新聞社

 明治は単なる歴史上の時代ではない。武家社会から近代的な中央集権国家を築き上げた「奇跡」の時代といえる。

 王政復古の大号令から戊辰戦争、日清・日露戦争のほか、富岡製糸場、鉄道敷設、教育勅語…。著者は、伊藤博文や秋山好古といった有名人のみならず、廃藩置県によって失業した武士や、命がけで内蒙古の情勢報告をした女性教師まで取り上げ、“明治人”の気概を活写する。

 そして明治について、著者はこう喝破する。「明治の人々にとって(中略)明治天皇の御人格や権威なしには考えられなかったのである」(展転社・1300円+税)

産経新聞
2016年7月10日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加