『過去をもつ人』荒川洋治著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去をもつ人

『過去をもつ人』

著者
荒川洋治 [著]
出版社
みすず書房
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784622085201
発売日
2016/07/21
価格
2,916円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『過去をもつ人』荒川洋治著

[レビュアー] 産経新聞社

 読書についてしたためた62編のエッセーを収める。強い印象を残すのは「読書という悪書」だ。

 読書は「自分の頭で考える」ことのできる特別な能力を備えた人だけに許されると考えるショーペンハウアーの辛辣(しんらつ)な言葉を紹介しながら、著者はこんな感想をつづる。《本を読むことを人はこれまで肯定的にしか扱わなかった。そのために読者は自分を疑う機会を十分に与えられない。その意味でこの本のことばは、すべてに「甘い」いまのような時代にこそ向けられているのだと思う》

 読書と現代をめぐる厳しくも温かな詩人の考察は心を打つ。(みすず書房・2700円+税)

産経新聞
2016年7月24日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加