新着コンテンツ

第三章 父と娘と【2】

君といた日の続き

第三章 父と娘と【2】

辻堂ゆめ

娘を病気で亡くし、妻と離婚した譲が出逢ったずぶ濡れの女の子・ちぃ子は記憶を失っていた。僕とちぃ子、二人だけの夏休みが始まる。

  • 小説
  • 2022/05/17
第五回 “霊験お初”が初登場する短編「迷い鳩」

宮部みゆきのこの小説がスゴイ!

第五回 “霊験お初”が初登場する短編「迷い鳩」

佐藤誠一郎

傑作は、いつ読んでも、何度読んでも素晴らしい――。 「新潮講座」の小説講座で数々の新人作家を輩出した大人気講師・佐藤誠一郎が宮部みゆき…

  • エッセイ・コラム
  • 2022/05/17
第5回 「3年」は長いか、短いか

夜明けまえに目がさめて

第5回 「3年」は長いか、短いか

重松清

責めないであげてよ。褒めなくていいよ。それより、想像しないか。――最近のニュースを観ながら思うこと。

  • エッセイ・コラム
  • 2022/05/17
透明性

落雷はすべてキス

透明性

最果タヒ

言葉にならない思いを紡ぎ、未知の感覚を呼び起こす最果タヒの連載詩。毎週更新です。

  • 2022/05/17
わたしをお食べ【1】

プディングと小公女たち

わたしをお食べ【1】

谷瑞恵

私の家族に、私の姿は見えているのだろうか――。家族からの仕打ちに耐えかねた専業主婦の詠子は、衝動的に家を出てしまった。

  • 小説
  • 2022/05/10
最小数

落雷はすべてキス

最小数

最果タヒ

言葉にならない思いを紡ぎ、未知の感覚を呼び起こす最果タヒの連載詩。毎週更新です。

  • 2022/05/10
三日目【20】 君だけでない。それは誰にも分からない。

タニンゴト

三日目【20】 君だけでない。それは誰にも分からない。

水沢秋生

ありふれた偶然、取るに足らない偶然、まったく無意味な、偶然の出来事。そして誰もが、人生を生きる――。涙腺決壊の最終回。

  • 小説
  • 2022/05/07
三日目【19】 川西淳郎のこの先の予定は真っ白だった。

タニンゴト

三日目【19】 川西淳郎のこの先の予定は真っ白だった。

水沢秋生

自分は生かされた、生かされたことには意味がある。その証拠に、自分は子供を助けることができたではないか――。それでも淳郎はためらう。

  • 小説
  • 2022/05/06
三日目【18】 神田里子は彼氏とぼんやりテレビを眺める。

タニンゴト

三日目【18】 神田里子は彼氏とぼんやりテレビを眺める。

水沢秋生

これからこの人の、色々なことを知っていく。少しずつ、少しずつ。これまでとは違う、新しい生活が始まるのだ――。里子は森と並んで歩く。

  • 小説
  • 2022/05/05
三日目【17】 「まあ、頑張るよ」柿谷達彦は苦笑した。

タニンゴト

三日目【17】 「まあ、頑張るよ」柿谷達彦は苦笑した。

水沢秋生

人生は、うまくいかないものだ。変わりたいと、自分はずっとそう願い続けてきたのに、一番近い他人であるところのこの弟は、変わるなという――…

  • 小説
  • 2022/05/04