稲垣吾郎と草なぎ剛が明かすSMAP楽屋事情「上と下が結構アクが強い」結婚についても語る

テレビ・ラジオで取り上げられた本

163
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SMAPの稲垣吾郎さん(42)が司会を務める読書バラエティー「ゴロウ・デラックス」、4月29日の放送に草なぎ剛さん(41)が出演した。SMAPメンバーの結婚や関係性に2人の本音がたっぷりと語られた放送となった。

■SMAPの楽屋について

 番組冒頭稲垣さんは、外山惠理アナウンサー(40)に草なぎさんはどんな方ですかと尋ねられ、「草なぎさんは優しいですね。繊細な面もありますし。僕はそこに気付かない振りして僕の方が無神経に接しちゃってることが多いと思う」と評した。登場した草なぎさんは「ゴロウ・デラックス」に出ている稲垣さんは「楽屋にいる吾郎さんに一番近い」と番組では稲垣さんの素顔が見られると語った。そして稲垣さんはSMAPの楽屋事情を「元々みんな一緒だったんだよね。けど一抜け、二抜け、三抜けみたいな感じで」と明かした。それを継いで草なぎさんは「そうそう、上と下が結構アクが強いんで。気付いたらふたりだけしかいなくてね」とSMAPの内幕を赤裸々に語った。そして二人は楽屋で会話をしなくても平気だとうなずき合い、稲垣さんは「僕たちは『縁側に佇む老夫婦』だよね」と二人の関係性についてコメントした。

■20年にわたる連載

 番組では草なぎさんのエッセイ『Okiraku2』(KADOKAWA)を取り上げた。草なぎさんは「月刊ザテレビジョン」で20年にわたりエッセイの連載を続けている。その2007年春から2016年分をまとめたのが同書だ。SMAPのことはもちろん、仕事や趣味、人生観など草なぎさんのリアルな気持ちが綴られている。番組ではその中から「40代で結婚しようと思っている」と草なぎさんが書いた一文を紹介した。草なぎさんの周りには年上で独身のまま過ごす友達が多く自分も憧れていたという、しかし「やっぱりそっちじゃないなと。家庭を持った方がいいだろうと」と草なぎさんは2014年に書いていた。しかし「また変わってくるよね。ころころ変わります、なんかいいや、とか」と揺れる心境を明かした。

■稲垣吾郎は結婚に向いていない

 稲垣さんは「僕はすごくしてほしいと思うのメンバーの皆に」とSMAPメンバーの結婚について思いを語り始めた。「結婚したら中居君は変わりそうじゃない。外食するより家が好きでしょ。身内が好きでしょ、家族とか大切にするし。結婚した方がいい要素が多いよね」と独身最年長の中居正広さん(43)を評した。二人は中居さんが急に結婚し報告されてびっくりしそうだとも笑顔で話し合った。草なぎさんは「吾郎さんが一番結婚に向いてないかもしれない。急にとかはない、ちゃんと順番通りにって感じだから」と稲垣さんが段階を踏んでゆく性格ゆえに結婚が難しいと分析した。稲垣さん自身は「実際のところ相手だと思う、結婚したいからなんとなくではなく、衝動に駆られる人じゃないと」と語ると、草なぎさんは「やっぱ難しいよ吾郎さんは。どうする一生独身なの?寂しい時ない?」と二人で独身者が味わう寂しい場面について語りあった。

■二人の関係性に「ほっこり」

 草なぎさんはこの番組のために稲垣さんの好きな「玉ねぎのおでん」を自宅でつくり持ち込んだ。また自作の「HYSTERIC,ゴロチ」という曲を2週間もかけて用意し、弾き語りまで行い、二人の仲のよさと30年間で培われた信頼が伝わってくる大変貴重な放送となった。ネット上では二人の関係性について「自然体の二人にほっこりした」「SMAPでも二人にしか出せない雰囲気」「剛君が吾郎さんが大好きなのが伝わってきた」と好評。また『Okiraku2』についても「SMAP愛が詰まった一冊」「幸せで温かい気持ちになれる」との評があがっている。

「ゴロウ・デラックス」はTBSにて毎週木曜日深夜0:58から放送中。

BookBang編集部

Book Bang編集部
2016年5月2日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ニュース