『一年有半』中江兆民著、鶴ヶ谷真一訳

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一年有半

『一年有半』

著者
中江兆民 [著]/鶴ヶ谷真一 [訳]
出版社
光文社
ジャンル
文学/外国文学小説
ISBN
9784334753306
発売日
2016/04/12
価格
1,123円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『一年有半』中江兆民著、鶴ヶ谷真一訳

[レビュアー] 産経新聞社

 喉頭がんで余命1年半と宣告された中江兆民が、何はばかることなくしたためた随筆集である。政治家、政治・経済・社会に対する容赦ない批判、はたまた人形浄瑠璃への深い愛が語られる。明治34年に刊行され大ベストセラーとなったものを、日本エッセイスト・クラブ賞を受賞した鶴ヶ谷真一さんが流麗かつ品格のある現代文に移しかえ、詳細でふくよかな注を施した。読みやすく面白い。

 生涯を藩閥政治との戦いにかけた兆民の透徹した視線は、100年以上も後の日本も穿(うが)つ。日本の自由主義思想の出発点を知るうえでも必読の書であろう。(光文社古典新訳文庫・1040円+税)

産経新聞
2016年5月8日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加