【児童書】幼児に贈る人間賛歌 児童書『ろってちゃん』ディック・ブルーナ文・絵、松岡享子訳

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ろってちゃん

『ろってちゃん』

著者
ディック・ブルーナ [著]/まつおか きょうこ [著]
出版社
福音館書店
ISBN
9784834082111
発売日
2016/03/16
価格
756円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【児童書】幼児に贈る人間賛歌 児童書『ろってちゃん』ディック・ブルーナ文・絵、松岡享子訳

[レビュアー] 高橋天地

 愛らしいウサギの女の子「うさこちゃん」(英語版では『ミッフィー』)シリーズで知られるオランダの人気絵本作家、ディック・ブルーナが、身体障害者や人種差別をテーマに道徳心を養う絵本も手がけてきたことをご存じだろうか。今春、日本で復刊された本作もそのひとつだ。

 ちびっ子3人組が学校の校庭でボール遊びをしていると、車いすに乗った女の子がやってきた。名前はろって。「いっしょにぼーるあそびしない?」。3人組の1人が声をかけると、一緒にプレーしていた双子はどうせ下手だと不満顔。でも、4人でボール遊びを始めたところ、ろってはボール投げの“名人”で…。

 何事もやってみなければ結果は分からない。自ら可能性を狭めず、明るく、チャレンジ精神を持って人生を謳歌(おうか)することの大切さをブルーナは感じ取ってほしかったようだ。外見や身体能力がいかに人と違ってもそれは個性-言ってみればバリアフリーの精神が幼児でも無理なく理解できるように編集されているのには目を見張る。(福音館書店・700円+税)(高橋天地)

産経新聞
2016年6月26日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加