【気になる!】文庫『書かれる手』堀江敏幸著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

書かれる手

『書かれる手』

著者
堀江 敏幸 [著]
出版社
講談社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784065290910
発売日
2022/09/12
価格
1,925円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】文庫『書かれる手』堀江敏幸著

[レビュアー] 産経新聞社

須賀敦子、長谷川四郎、島尾敏雄…。デビュー作のマルグリット・ユルスナール論に始まり、著者が私淑する作家たちのテキストに思いをはせた散文集。通底するのは「本質に触れそうで触れない漸近線への憧憬を失わない書き手」に抱く親密さやあこがれか。

メランコリックな記憶の情景を描くノーベル賞作家パトリック・モディアノを巡る章では「思い出は宝石箱の宝石のように、時間のなかにしまわれているわけではない」とし、その淡彩な作風に潜む意外な濃密さを指摘している。やわらかく彩り豊かな言葉と鋭い批評眼の調和が心地よい。(講談社文芸文庫・1925円)

産経新聞
2022年11月13日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加