『夫妻集』小野寺史宜著

レビュー

  • シェア
  • ポスト
  • ブックマーク

夫妻集

『夫妻集』

著者
小野寺, 史宜
出版社
講談社
ISBN
9784065325346
価格
1,980円(税込)

書籍情報:openBD

『夫妻集』小野寺史宜著

[レビュアー] 産経新聞社

娘が連れてきた婚約者に反感を抱いた佐原滝郎。だが、妻の和香は意外にも好意的で、それをきっかけに夫婦間の溝が顕在化する。江沢梓乃は、夫の厚久が突然、植木職人になるため沖縄に行きたいと言い出し、戸惑う。子供や自分はどうすればいいのか―。

ハプニングに直面したり、人生の岐路に立たされたりした4組の夫婦の物語。登場する4組にはつながりがあり、それぞれの物語が次第に絡み合っていく仕掛けも楽しめる。

登場人物の「夫婦が十組いたら、十とおりのもめ方がある」「十とおりの収め方も」というセリフは納得がいく。(講談社・1980円)

産経新聞
2023年11月12日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • シェア
  • ポスト
  • ブックマーク