明文堂書店石川松任店「フィクションでしか書けない恐怖や哀しみ、怒り」【書店員レビュー】

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あしたは戦争

『あしたは戦争』

著者
日本SF作家クラブ [著]
出版社
筑摩書房
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784480433268
発売日
2016/01/07
価格
1,080円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

明文堂書店石川松任店「フィクションでしか書けない恐怖や哀しみ、怒り」【書店員レビュー】

[レビュアー] 明文堂書店石川松任店(書店員)

戦後の世の中に突如、《召集令状》が届き始めた。受け取った者は記された日時に姿を消した・・・・・・小松左京「召集令状」、戦地での負傷によって醜く変わり果ててしまった夫との生活の中で妻に湧いた感情・・・・・・江戸川乱歩「芋虫」など、全10篇のアンソロジー。
小松左京、筒井康隆、手塚治虫、江戸川乱歩など、SF・ミステリ界の巨匠達が戦争をテーマに想像の限りを費やした作品ばかりが並んでいる。フィクションでしか書けない恐怖や哀しみ、怒りが読者の胸を射抜く。

トーハン e-hon
2016年1月19日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

トーハン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加