『勝海舟修養訓』石川真理子著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勝海舟修養訓

『勝海舟修養訓』

著者
石川 真理子 [著]
出版社
致知出版社
ISBN
9784800911070
価格
1,296円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『勝海舟修養訓』石川真理子著

[レビュアー] 産経新聞社

 世に海舟嫌いは多い。生粋の江戸っ子だった海舟の言葉の真意は理解しがたく、時に誤解を生じさせたと、東京生まれ東京育ちの著者は言う。米沢藩士の末裔(まつえい)である祖母中心の家で厳しく育てられ、幼いころから海舟に親しんできた著者は『氷川清話』から語録を抜粋、現代語訳と解説を付し、不安な時代を生きる日本人に、国難打開のため奮闘した海舟の克己心を伝えようとする。

《広い天下におれに賛成するものは一人もなかったけれど、常に世の中には道というものがあると思って、楽しんでいた》といった言葉をよすがに自省するもよし。(致知出版社・1200円+税)

産経新聞
2016年5月22日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加