ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)「闘い。続ける。」【書店員レビュー】

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生涯現役という生き方

『生涯現役という生き方』

著者
武藤 敬司 [著]/蝶野 正洋 [著]
出版社
KADOKAWA
ジャンル
社会科学/社会科学総記
ISBN
9784046014030
発売日
2016/06/22
価格
1,512円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)「闘い。続ける。」【書店員レビュー】

[レビュアー] ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)(書店員)

表紙のインパクトが強烈ですね。プロレス史を代表する闘士二人。と言っても、本書は「プロレス本」ではありません。「武藤敬司の章」「蝶野正洋の章」の二部構成。栄枯盛衰はプロレス業界の習い。一時、脚光を浴びるも、儚く去ってゆくレスラーが多い中、「現役」であり続ける二人。そんな両名が人生を振り返りつつ、自らの仕事哲学、人生哲学を語り尽します。

「レスラーというのは闘いを見せているようで、実は人間を見せているんだ」(本文より)多くのファンに自分という人間を見せ、闘いのワザを魅せてきた二人の言葉。今度はその強き言葉で人々を魅了します。

トーハン e-hon
2016年7月17日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

トーハン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加