【書評】韓国から「反日」が消える日は来るのか? 元「朝日」記者が放つ日韓論 前川惠司著『交わらないから面白い 日韓の常識』

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交わらないから面白い日韓の常識

『交わらないから面白い日韓の常識』

著者
前川恵司 [著]
出版社
祥伝社
ISBN
9784396114800
発売日
2016/09/01
価格
2,700円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【書評】韓国から「反日」が消える日は来るのか? 元「朝日」記者が放つ日韓論 前川惠司著『交わらないから面白い 日韓の常識』

[レビュアー] 産経新聞社

 慰安婦問題が生じた当初から強制連行はなかったと言い続けた元朝日新聞記者の日韓関係論。

 夫婦げんかをした際、相手の悪口を通りの聴衆に向かい大声で言い立てる国民性と朴槿恵(パク・クネ)大統領の告げ口外交の共通点や、児童会選挙のため高額なスピーチ塾に通い相手を言い負かす術を身に付ける子供たち、教師に謝礼の現金を渡す親など、日常生活から見た韓国人の価値観をつづる。人より優位に立つために手段を選ばない国民性は、そのまま対日姿勢にも通じる。国交正常化から51年。この先も韓国から反日が消える日はないことを強く示唆する内容だ。(祥伝社新書・840円+税)

産経新聞
2016年10月2日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加