【写真集】『世界のお墓』ネイチャー&サイエンス文・構成

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界のお墓

『世界のお墓』

著者
ネイチャー&サイエンス [著]
出版社
幻冬舎
ISBN
9784344029675
発売日
2016/07/07
価格
1,728円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【写真集】『世界のお墓』ネイチャー&サイエンス文・構成

[レビュアー] 産経新聞社

 

■古今東西の死生観

 地域や宗教、歴史的な出来事により、さまざまな形で残る52カ所の美しい墓の写真を集めた。表紙は、チェコにあるセドレツ納骨堂。約4万体分の遺骨が、装飾的に保管されている。中世ヨーロッパでは、頭蓋骨や死に神のモチーフは教会の飾りによく用いられていたという。本物の人骨を装飾的に並べる風習は、日本人にはほとんどなく、シャンデリアや紋章の飾りになった頭蓋骨や大腿(だいたい)骨に何を思えばいいのか戸惑う。

 遺骨がなくても心揺さぶられるのが、リトアニアの十字架の丘だ。推定5万本とされる十字架が小さな丘を埋め尽くし、独特の景観をつくる。19世紀にロシア帝国の支配下から独立を求めて戦ったが2度失敗。処刑や流刑にされた人々の遺体が戻らなかったため、遺族が十字架を立てたという。ソ連統治時代には何度もブルドーザーでなぎ倒されたが、すぐに新たな十字架が立てられ、非暴力の抵抗の証しとなった。

 一方、現代的な葬送の象徴が、遺灰をロケットで打ち上げる宇宙葬。宗教的な背景がなくても、死して天に昇るという発想が、連綿と続くことに驚く。核家族化が進み、自らの葬送をどうするか、迷う人は多い。死生観を確かめ、“終活”の参考になりそうな写真集だ。(幻冬舎・1600円+税)

産経新聞
2016年10月22日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加