『壁の男』貫井徳郎著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

壁の男

『壁の男』

著者
貫井 徳郎 [著]
出版社
文藝春秋
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784163905525
発売日
2016/10/28
価格
1,620円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『壁の男』貫井徳郎著

[レビュアー] 産経新聞社

 北関東にある集落の家々の壁に奇妙な絵が描かれていると話題になる。描いているのは、奇抜さとは無縁そうな男「伊苅」。興味をひかれたノンフィクションライターが現地で取材に入るが…。

 平凡に見える男「伊苅」の来し方を、さまざまな場面から照らしていく。子供時代、恋人との出会い、会社勤めのころ。最初はつかみどころのなかった「伊苅」の姿が徐々に現れてきて、読み終わったときもう一度、最初から読みたくなる。

 抑えた筆致ゆえに「伊苅」の来し方すべてが重く響くが、中でも重病の子を持つ親の苦しみはこたえる。(文芸春秋・1500円+税)

産経新聞
2016年11月13日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加