もう明日が待っている

もう明日が待っている

著者
鈴木 おさむ [著]
出版社
文藝春秋
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784163918211
発売日
2024/03/27
価格
1,980円(税込)

内容紹介

放送作家・鈴木おさむが引退と同時に贈る、覚悟の一冊。
これは「小説SMAP」である。

メンバーの脱退、トップアイドルのまさかの結婚、
東日本大震災発生10日後の生放送、誰にも言えなかった苦悩、戦い。
国民的スターとして沢山の夢や希望をもたらしてきた彼らの全てが、
たった一夜の「放送」で壊れていった。
そして日本中が悲しんだ解散――。

大ヒット番組「SMAP×SMAP」の放送作家として
20 年以上彼らと走ってきた著者にしか書けなかった、
奇跡の物語がここに完成した。

月刊「文藝春秋」に掲載され、
「小説SMAP」と呼ばれて大きな話題を呼んだ3篇に
新たな書き下ろしの章を大幅に加えた本作は、
2024年3月31日をもって放送作家を引退する著者が贈る、覚悟の一冊。
「明日」を望むすべての日本人に向けた作品となっている。
なお、本書の著者印税はすべて能登半島地震の義援金として寄付されます。

【鈴木おさむ氏からのメッセージ】
僕は2024年3月31日をもって、32年間やってきた放送作家を辞めます。
辞めると決めた後に、この「小説」を出そうと、書き切ろうと思いました。
誰かが記して残さないと、物語は消えていきます。だから僕が僕の目で見た真実を記して、放送作家を辞める時に刊行すると決めました。
このタイミングでしか、この小説を世に出すことは出来なかったと思います。
日本一有名な彼ら5人と、一緒に作り戦ってきた仲間たちとの物語を、自分の魂を削り、泣きながら書き上げました。
ずっとずっと読み継がれてほしい、
新たなテレビ文学が出来たと思っています。

データ取得日:2024/06/14  書籍情報:JPO出版情報登録センター
※書籍情報の無断転載を禁じます