【気になる!】新書『宇宙に行くことは地球を知ること』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宇宙に行くことは地球を知ること

『宇宙に行くことは地球を知ること』

著者
野口聡一 [著]/矢野顕子 [著]/林公代 [著]
出版社
光文社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784334044978
発売日
2020/09/17
価格
990円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】新書『宇宙に行くことは地球を知ること』

[レビュアー] 産経新聞社

 現役日本人宇宙飛行士最年長で、3度目の宇宙飛行を控えている野口聡一さんと、「宇宙でコンサートを開きたい」という「野望」を持ち、宇宙への興味尽きないミュージシャン、矢野顕子さんによる対談集。

 無重力環境で音がなく、「絶対的な闇」が広がる宇宙。宇宙船の外に出る心境を「三途の川を渡るよう」と表現した野口さんの思いや、「いくら眺めても見飽きない地球の美しさ」など宇宙の不思議と魅力に迫る。

 コロナ禍でも、宇宙のことを思うと「気分が一気に上がります」という矢野さんからも力をもらえそう。(野口聡一、矢野顕子著、林公代取材・文、光文社新書・900円+税)

産経新聞
2020年10月18日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加