【児童書】『げんきになったよ こりすのリッキ』竹下文子作、とりごえまり絵

レビュー

  • シェア
  • ポスト
  • ブックマーク

【児童書】『げんきになったよ こりすのリッキ』竹下文子作、とりごえまり絵

[レビュアー] 産経新聞社

病気で長い間入院していたこりすのリッキがやっと退院。久しぶりの学校にどきどきする。勉強の遅れはみんなが教えてくれるが、外で駆け回ることはまだできない。

そんな中でリッキは、できることから始める。おもしろい本のことをみんなに教えたり、咲いた花を見つけたり。やがて少しずつリッキの体は元気になっていく。

長期入院した子供の復学の苦労を知ってほしいと紡がれた物語。普段の生活を少し休むことは大人にもある。復帰の大変さを理解し、力になるために。(偕成社・1540円)

産経新聞
2023年1月15日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • シェア
  • ポスト
  • ブックマーク