<書評>『コスタリカ 「純粋な人生」と言いあう平和・環境・人権の先進国』伊藤千尋 著

レビュー

  • シェア
  • ポスト
  • ブックマーク

コスタリカ

『コスタリカ』

著者
伊藤 千尋 [著]
出版社
高文研
ジャンル
社会科学/社会
ISBN
9784874988626
発売日
2023/10/30
価格
1,980円(税込)

書籍情報:openBD

<書評>『コスタリカ 「純粋な人生」と言いあう平和・環境・人権の先進国』伊藤千尋 著

[レビュアー] 風樹茂(作家・開発コンサルタント)

◆理想を実現し「大国」に

 小国コスタリカが、いかに平和・人権・環境大国になったのかを教えてくれるのが本書だ。日本もコスタリカも民主的な平和憲法を持つ。実態はどうだろうか?

 1949年に軍隊を廃止し、軍に近い存在は3300人の国境警備隊だ。その後、中米は紛争が絶えず、隣国ニカラグアに侵攻されたこともある。だが平和を保ち、しかもそれを輸出さえしている。国連核兵器禁止条約を提案してくれたのもコスタリカだ。他にも驚く事実の数々-議員の半数は女性、医療・教育費無料、国民の5分の1は移民か元政治難民、電力は再生可能エネルギーが98%、エコツーリズムの発祥地である…。

 さらに子供でさえ「不法投棄されたゴミの悪臭で勉強できない」と憲法法廷に直接訴えることができるのだ。憲法の理念を実現化するために、法律と社会の仕組みを整え続けてきた成果である。

 著者はコスタリカを参考に日本国憲法を活用(活憲)することを提案する。忘れてしまった戦後の理想が、爽やかな風となって蘇(よみがえ)ってくる。

(高文研・1980円)

1949年生まれ。国際ジャーナリスト。『反米大陸』など。

◆もう1冊

『コスタリカの奇跡 積極的平和国家のつくり方』(DVD、ユナイテッドピープル配給)

中日新聞 東京新聞
2024年1月7日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

中日新聞 東京新聞

  • シェア
  • ポスト
  • ブックマーク