【写真集】トンネルを明るく美的に 『軌道回廊』徳川弘樹

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

軌道回廊

『軌道回廊』

著者
徳川弘樹 [著]
出版社
実業之日本社
ISBN
9784408111933
発売日
2016/05/21
価格
3,024円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【写真集】トンネルを明るく美的に 『軌道回廊』徳川弘樹

[レビュアー] 産経新聞社

 まずは鮮明さに驚く。トンネルなのに隅から隅までくっきり。全体が発光しているようだ。設置された照明灯や取り付け金具が、幾何学的な模様を描き出す。リズミカルな反復が心地よい。

 本来は見えないものを可視化したのはデジタル技術。明るさ(露出)を変えて何枚も撮影している。コンピューターを駆使して丁寧に重ね合わせることで、肉眼では捉えられない、闇に沈んでいた世界が浮かび上がってくる。

 ページを繰ると、抽象絵画の連作を眺めているような気分になる。一方で、トンネルにもさまざまな形状があることが分かる。線路が、想像する以上にぐねぐねと上下左右に曲がっていることも。

 撮影されたのが、特別な場所ではないというのがいい。掲載作のいくつかは許可を得てトンネル内に入ったそうだが、ほとんどは地下鉄駅のホーム端など、日常的に人々が行き来している場所から撮影している。私たちがいつも目にしている景色の中に、こんな美的な風景が眠っているのだ。(実業之日本社・2800円+税)(存)

産経新聞
2016年5月28日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加