藤井四段も受けていた、才能を伸ばす「モンテッソーリ教育」とは?――「教え、導く」ではなく「知り、見守る」ことがポイント

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


塗りたくられた絵具を見て叱るか、それとも子どもの関心を見守るか、あなたはどっち?(photo by hakase420/fotolia)

「公式戦29連勝」という前人未到の記録を樹立した史上最年少棋士・藤井聡太四段。その記録もさることながら、「勝負に必要な集中力はどこで培われたのか?」という生い立ち・教育法に幅広い関心が寄せられています。

なかでも、ひときわ注目が寄せられているのが、藤井四段が入園した地元の幼稚園が取り入れていたという「モンテッソーリ教育」。英国のウィリアム王子ほか、各界の著名人も多く受けているというこの教育法は「大人は子どもを『知る・見守る・ときどき助ける』ことに徹し、能力を伸ばす」という特徴を持っています。

では、モンテッソーリ教育のポイントを『モンテッソーリ流「自分でできる子」の育て方』(神成美輝 著/百枝義雄 監修)から、いくつか簡単にみてみましょう。

大筋は「観察→発見→見守る」にある

「あれをさせたい、これをさせたい」とばかりに、習い事や幼児教育を詰め込む人がいます。場合によっては、生まれる前から計画を立てている人もいるでしょう。

しかし、(当たり前と言えば当たり前の話ですが)「親の関心」と「子どもの関心」は違うもの。いくら親が希望していても、子どもの興味を無理やり捻じ曲げることはよくありません。たとえば、0歳児が「2つあるガラガラのうち、いつも同じ方を選ぶ」ことがあるように、子どもはどんなに小さくても「自分で選ぶ」ことができるのです。

それはおもちゃや服の選び方だけではなく、興味・関心の行き先まで何に関しても言えること。子どもの能力を伸ばしたいなら、「まずは子どもを観察。その後、どういうものに興味を持ちやすいのかを発見したら、あとはそれに取り組むのを見守る」ことが大事です。

親がするべきなのは「選択肢を用意して、待つ」こと

親が子どもの選択を見守るにあたってするべきことは「選択肢を与える」ことになります。子どもが小さいうちなら2択、成長するにしたがって選択肢を増やすといいでしょう。

「選択する」ということは考える力を育むことにつながります。逆にそれができないと「どうしたらいい?」と判断をゆだねるばかりになり、自主性が養われません。また、子どもの成長を考えるうえでは選択した結果そのものではなく、「選択する」という行為そのものに価値があります。モンテッソーリ指導者の資格を持つ神成美輝さんは、次のように述べています。

子どもがいつも同じ服しか着ないのも、選択の結果です。全身ボーダーの子がいれば、シャツ、ズボン、靴下、パンツ、全身レインボーの子も! そんな時にどんな声かけをしたら、子どもを伸ばすことができるでしょう。

それは、「全部レインボーにできたね」です。

全部そろえられたことがすごい。そこをほめてあげましょう。実際に、小学校に上がる前の子どもたちは、変わった組み合わせの洋服を着ている子が多いものです。そのことについて、ママはあまり気にしなくてOKですよ。

それでも気になるようならば、子どもが洋服を選択する前に、あらかじめママがある程度着て欲しい洋服を何パターンか選別しておきましょう。そうすれば、子どももすんなりママが着て欲しい洋服を選んで外に出かけることができるでしょう。

『モンテッソーリ流「自分でできる子」の育て方』(神成美輝 著/百枝義雄 監修) P116-117より

また、子どもが自分で何かを選んで取り組み始めたら、大人は子どもから助けを求められない限り、見守りに徹することが大事です。たとえば、最初に道具の使い方を教え、子どもの使い方が間違っていたとしてもすぐに教えてはいけません。

親からすると、すぐ正しい使い方を教えてあげたくなるものですが、ここで教えてしまうと子どもが自分で試行錯誤する機会を奪ってしまいます。自分が何かをやってるところに横からダメ出しをされると嫌になるのは、大人も子どもも一緒なのです。

「失敗する」「間違う」ということは、成長の過程でみれば大事な経験です。大人は焦らず、見守ってあげましょう。

先回りは禁物。“察しが悪い”親になろう

「待つ・見守る」に徹するということは、横から手出しをしないのと同時に「先回りしない・要求を察しない」ということでもあります。たとえば、飲み物が欲しいときに子どもが目でうったえてくることがあります。しかし、このときに親が察してお茶をだすことは、子どもの「意思を自分で伝える機会」を妨げるものです。

まだ言葉をはっきりとしゃべることができないくらい小さい子の場合は「飲み物欲しいの?」と質問して「うん」と答えたら用意する、ある程度大きい子ならきちんと「お茶が欲しい」と言うのを待つなど、意思を伝える訓練をさせることも、子どもの成長にとっては大事なことなのです。

_____

ここでは簡単なポイントをピックアップして紹介しましたが、モンテッソーリ教育の根幹は「子どもの自発的な成長を妨げないよう、見守る」ことにあります。この他にも成長を促すために親が心得ておくべきことがありますが、まずはこうした小さなことから始めてみてはいかがでしょうか。

日本実業出版社
2017年6月29日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

日本実業出版社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社日本実業出版社のご案内

ビジネス書、教養書、実用書を中心とした書籍を出版している日本実業出版社の公式サイト。新刊情報を中心に、読者のみなさまに役立つ本の情報をお届けします。また著者インタビューやイベントレポートなど、書籍にまつわるここだけの話を特集・記事にてお読みいただけます。