『現代フランス哲学』渡名喜庸哲著

レビュー

  • シェア
  • ポスト
  • ブックマーク

現代フランス哲学

『現代フランス哲学』

著者
渡名喜 庸哲 [著]
出版社
筑摩書房
ジャンル
哲学・宗教・心理学/哲学
ISBN
9784480075741
発売日
2023/09/07
価格
1,210円(税込)

書籍情報:openBD

『現代フランス哲学』渡名喜庸哲著

[レビュアー] 郷原佳以(仏文学者・東京大教授)

 レヴィナスを中心にフランス哲学の研究と導入に八面六臂(はちめんろっぴ)の活躍をしてきた著者による「現代フランス哲学」概説。1960―80年代のいわゆる「現代思想」よりも、その後の思想に力点を置いている。

 本書の特徴は、ミッテランによる社会党政権誕生の数年後に新自由主義体制へ傾斜した80年代以降のフランス社会の動向を背景に、フランスの哲学者たちの思想を網羅的に紹介し、ビッグネームに拘(こだわ)らず布置を描き直している点にある。それは、「フランス現代思想」に結びつけられやすい〈68年5月〉革命のインパクトが実際に現れたのは80年代以降だと考えるためである。80年代に大きな転換を見ることによって、「ポストモダン」の曖昧なイメージではなく、政治的なもの、宗教的なもの、科学、技術、ジェンダー、さらにはエコロジーや労働、食や植物といったアクチュアルな問題に取り組む現代哲学が浮かび上がる。

 紹介は邦訳がある著作を基本とし、噛(か)み砕いた解説は読みやすく、テーマごとに参考書も挙げられ、現代の生きたフランス哲学を知るのに最適の一冊だ。(ちくま新書、1210円)

読売新聞
2023年11月3日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • シェア
  • ポスト
  • ブックマーク