中森明夫『推す力 人生をかけたアイドル論』(集英社新書)をさやわかさんが読む 自分のすべてを捧げた批評家の真骨頂

レビュー

  • シェア
  • ポスト
  • ブックマーク

推す力 人生をかけたアイドル論

『推す力 人生をかけたアイドル論』

著者
中森 明夫 [著]
出版社
集英社
ジャンル
社会科学/社会科学総記
ISBN
9784087212891
発売日
2023/11/17
価格
1,100円(税込)

書籍情報:openBD

中森明夫『推す力 人生をかけたアイドル論』(集英社新書)をさやわかさんが読む 自分のすべてを捧げた批評家の真骨頂

[レビュアー] さやわか(批評家)

自分のすべてを捧げた批評家の真骨頂

 かつて中森明夫は「アイドルは時代の反映ではない。時代こそがアイドルを模倣する」と喝破(かつぱ)した。ならこうも言えるだろう。時代は繰り返す。ゆえにアイドルも繰り返す、と。事実、人々はアイドルに飽きたら放り出し、アイドルは何度も「冬の時代」を迎え、しかしまた時代の寵児となった。アイドルは繰り返すのだ。
 中森明夫は、そんな時代の変遷をずっと眺めてきた。本書で語られるのは、そんな彼の赤裸々なアイドル遍歴だ。11歳で南沙織を聴き衝撃を受けた少年が、東京に出て新人類の旗手と呼ばれ、あまたのアイドルを見ては興奮し、業界の裏も表も垣間見て、やがて還暦を迎える物語だ。
 しかも驚異的なことに、そこにはアイドルの歴史が丸ごと収められている。もちろん歴史のすべてを語るなんて不可能だ。だがアイドルに捧げたと言っていい中森明夫の人生を描くならば、松田聖子やAKBはもちろん、チャイドルやバーチャルアイドルをはじめ、ゴクミやあいみょんにいたるまでの、特筆すべきアイドル周辺の動きを漏らさずおられようか。この本には、そういう気迫がある。
 前述のごとく、アイドルの人気には浮沈がある。にわかにアイドルを語る人たちも、現れては消えていく。そうした世間をどこ吹く風と、中森明夫はひたすらアイドルを見つめ、語り続けてきた。だが、この本からは「やがて誰もがいなくなってしまう」という寂寞(せきばく)の思いも切なく漂う。還暦を迎えた男の孤独がある。
 全身で体験し、実存をもって書く。今どきほとんど見ないが、これぞストロングスタイルの、正統な批評家の姿だ。中森明夫は自覚的にそれをやっている。こういう批評家の系譜を知らない読者にはただのオタクの「自分語り」と思わせつつ、本気の批評を試みている。
 中森明夫は「批評家とは、ファンに向けて語るものではない。社会に向けて発信するものだ」と述べる。つまり本書は、アイドルを社会へ接続するため、自身のすべてを捧げるものなのだ。こんな書き方は、中森明夫しかできない。この人生経験の質と、筆致の熱と、批評性の高さを兼ね備えることは、彼にしか不可能だ。誰もがアイドルを語るが、中森明夫のように語ることは、中森明夫にしかできない。この本で、その真骨頂を味わえる。

さやわか
さやわか●批評家

青春と読書
2023年12月号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

集英社

  • シェア
  • ポスト
  • ブックマーク