『清代北京の首都社会』堀地明著

レビュー

  • シェア
  • ポスト
  • ブックマーク

清代北京の首都社会

『清代北京の首都社会』

著者
堀地 明 [著]
出版社
九州大学出版会
ジャンル
歴史・地理/外国歴史
ISBN
9784798503547
発売日
2023/07/28
価格
8,580円(税込)

書籍情報:openBD

『清代北京の首都社会』堀地明著

[レビュアー] 産経新聞社

清朝の首都・北京を食糧調達や消防組織、治安維持の観点から考察した学術書。首都を支える食糧をどう確保し、火事や盗賊から住民をどう守ったか。北京に迫った太平天国軍の北伐(1853年)、英仏連合軍の北京侵攻(60年)…と相次ぐ動乱への対応は。

北京と台北で保管されている行政文書を分析した。考察の対象は、18世紀の帝(けんりゅうてい)の時代から1900年の義和団事件まで。婚礼祝いの爆竹が引火し役人宅が全焼したり、店舗火災の消火にドイツ兵が協力したりといった消火活動年表や、不審者を監視する施設などの図版も収録。首都の暮らしが垣間見える。(九州大学出版会・8580円)

産経新聞
2023年11月26日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • シェア
  • ポスト
  • ブックマーク