【児童書】『はるさんと1000本のさくら』ただのぶこ作

レビュー

  • シェア
  • ポスト
  • ブックマーク

はるさんと1000本のさくら

『はるさんと1000本のさくら』

著者
ただのぶこ [著]
出版社
中央公論新社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784120057076
発売日
2023/11/10
価格
1,650円(税込)

書籍情報:openBD

【児童書】『はるさんと1000本のさくら』ただのぶこ作

[レビュアー] 産経新聞社

小学校教諭を定年退職後に絵本制作を始めた著者の76歳のデビュー作で、「書店員が選ぶ絵本新人賞2023」で大賞を受賞した作品。

この村に残った住民は10人。村の先行きを相談する中で、一番若い86歳のはるさんが言う。「もっともっと さきのことを かんがえよう」。人が集う、理想のまちにするために。そして長い時を経て、奇跡が起きる。

過疎の限界集落という現代社会の問題を題材にしながらも、悲観ではなく、目標を得た人たちの命の輝きを希望とともに描く。結果をすぐに求めがちな現代に、長い目で考えることの大切さを教えてくれる。(中央公論新社・1650円)

産経新聞
2024年2月4日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • シェア
  • ポスト
  • ブックマーク