愛人バンクとその時代 [著]伊藤裕作

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛人バンクとその時代

『愛人バンクとその時代』

著者
伊藤 裕作 [著]
出版社
人間社
ISBN
9784931388901
価格
864円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

愛人バンクとその時代 [著]伊藤裕作

[レビュアー] 碓井広義(上智大学文学部新聞学科教授)

 著者は40年のキャリアを持つ風俗記者。年に百人の風俗嬢を取材してきた大御所である。

 本書の中心は、昭和58年に大ブームとなった愛人バンク「夕ぐれ族」だ。組織のオーナーで広告塔は筒見待子。後に売春斡旋容疑で逮捕される。ちなみに「愛人バンク」のネーミングを伝授したのは著者だ。体験取材の形で何人かのシロウト女性と出会い、交際の一部始終を報告していく。

 バブル景気へと向かう、浮き足立った空気を背景に、愛人獲得の淡い夢を追った男たち。一方どのような若い女性たちが、何を求めて自らに値札を付けたのか。戦後ニッポンの性文化史、欲望史に咲いた“あだ花”の実相が見えてくる。

新潮社 週刊新潮
2015年12月17日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加