松下奈緒・古田新太主演ドラマ「闇の伴走者~編集長の条件」が放送

映像化

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 長崎尚志原作のドラマ「闇の伴走者~編集長の条件」(全5話)が3月31日(土)からWOWOWプライムで放送される。

 松下奈緒演じる調査員と古田新太演じる漫画編集者が伝説の編集長の死の真相に迫る同作は、2015年に放送された「闇の伴走者」の第2弾。

 主演の松下奈緒と古田新太のほかに、津田寛治、白石隼也、今野浩喜、小宮浩信(三四郎)、八木亜希子、温水洋一、野間口徹、前野朋哉、真野響子、森本レオ、田中泯、平泉成、岩松了が共演する。前作と同じく監督は三木孝浩、脚本は阿相クミコが担当している。

 また、劇中に登場する漫画雑誌の連載作品や画稿は、森秀樹、田中圭一、土山しげる、そして平松伸二ら超一流の漫画家陣の手により実現されている。

 原作は、長崎尚志のシリーズ4作目となる『編集長の条件―醍醐真司の博覧推理ファイル―』。「絶対に勝てる漫画誌のノーハウ」を誰にも話さずに消えた、伝説的編集者の不可解な死の真相を漫画編集者の醍醐が解明する漫画ミステリ。

 著者の長崎は、1980年に出版社に入社し、様々な漫画作品の編集を担当し、週刊漫画雑誌の編集長も経験する。2001年に出版社を退社しフリーとなる。漫画原作・脚本に『MASTER キートン』『PLUTO』『BILLYBAT』(浦沢直樹)、リチャード・ウー名義で『クロコーチ』(コウノコウジ)、『アブラカダブラ〜猟奇犯罪特搜室〜』(芳崎せいむ)等多數。2010年『アルタンタハー 東方見聞録奇譚』で小説家としてデビュー。『編集長の条件』は『闇の伴走者』『黄泉眠る森』に続く「醍醐真司の博覧推理ファイル」シリーズ3作目。他著書に『パイルドライバー』がある。

2018年2月7日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加