一生お金に困らない! 新・お金が貯まるのは、どっち!?

一生お金に困らない! 新・お金が貯まるのは、どっち!?

著者
菅井敏之 [著]
出版社
アスコム
ジャンル
社会科学/社会
ISBN
9784776210740
発売日
2020/04/20
価格
1,540円(税込)

内容紹介

"■51万部突破シリーズの最新刊!

■何が起きるかわからない今を生き抜くためのお金ドリル

「一生お金に困らない生活を送りたい」と、
多くの人は思ったことがあるのではないでしょうか。
同時に、「でも、現実的に考えると、
一生お金に困らない生活なんて、私には無理」とあきらめてはいませんか。

自分の資産を増やす方法が、じつはあるのです。

私は、銀行員としてお金を「貸す側」、
不動産賃貸オーナーとしてお金を「借りる側」、
両方の視点を持っています。

本書では、そんな私だからこそわかる、「一生お金に困らない方法」をお教えします。

ぜひ、この本を通して、一人でも多くの方の不安が解消され、
一生つきまとうお金の問題から解放されることを願っています。

(プロローグより)

[本書の構成]

第1章 こんな時代でもお金が貯まる〝最新情報〟は、どっち?

■質問1
税金や公共料金の支払い、
「口座振替」と
「クレジットカード払い」、
お金が貯まるのは、どっち?

■質問2
災害多発時代、必要なのは
「生命保険」と
「火災保険」、どっち?

■質問3
定年後の第二の人生、
「夫の実家に帰る」、
「妻の実家に帰る」、どっち?

■質問4
生きているうちに、子どものためにやっておくなら、
「遺言書」か
「生前贈与」か、どっち?

■質問5
うまい話にだまされやすいのは、
「高収入のエリートサラリーマン」か
「ふつうの会社員」か、どっち?

■質問6
空き家になった実家は、
「売る」、
「売らない」、どっち?

■質問7
副業を始めるなら、
「好きなことから始める」、
「好きなことをしない」、どっち?

第2章 仲よく幸せにお金が貯まる「親子」は、どっち?

■ 質問8
子は親の「資産内容」を
「知っておくべき」か、
「知らなくてよい」か、どっち?

■質問11
遺産は
「面倒を見てくれた子」に手厚くするか、
「全員均等」にするか、どっち? 

など

第3章 大きくお金が貯まる「不動産活用法」は、どっち?

■質問15
家は「結婚前に買う」か、
「結婚してから買う」か、どっち?

■質問16
あなたは銀行にとって
「お金を貸したくなる人」か、
「お金を貸したくない人」か、どっち?

など

第4章 見る見るうちに必ずお金が貯まる「お金の基本」は、どっち?

■質問21
口座を開くのは
「メガバンク」か
「信用金庫」か、
お金が貯まるのはどっち?

■質問25 
借金が「2000万円」と
「500万円」、
破綻しやすいのは、どっち?

など"

データ取得日:2021/01/21  書籍情報:openBD