日本捕鯨史【概説】

日本捕鯨史【概説】

著者
中園 成生 [著]
出版社
古小烏舎
ジャンル
歴史・地理/日本歴史
ISBN
9784910036007
発売日
2019/07/23
価格
2,090円(税込)

内容紹介

◇◆◇この書籍の小売店頭価格は、1900円+税です◇◆◇

「捕鯨は必要なのか」という問いが、いま私たちに突きつけられている。

2019年7月、日本は商業捕鯨を再開する。「日本には捕鯨の歴史と伝統がある」と無条件に語られる一方で、その実態を果たしてどれくらいの人が理解しているだろうか。
「日本人にとって捕鯨とは何か」「これまで鯨とどのような関わりを持ってきたのか」について、「鯨と日本人の歴史」を再考し、見つめ直す一冊。

【本書の主な内容】
世界の中の日本捕鯨の位置づけ/これまでの捕鯨史の研究/日本独自の捕鯨法の発達(はじまり、伝播、繁栄、衰退)/網掛突取法の操業場面解説(発見、追込、網掛、銛打、剣打、鼻切、運搬、 解体、鯨組の掟)/鯨にまつわる文化(食文化・用途・信仰・芸能)/世界の海へ/捕鯨オリンピック/捕鯨の制限/管理/「悪者」となった日本の近代捕鯨/商業捕鯨復活の成否
(本書は品切れとなっていた『くじら取りの系譜』(2001)をもとに大幅に改訂増補したものです)

データ取得日:2019/11/11  書籍情報:版元ドットコム