ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)「高徳者達の生き方の根っこにあるもの」【書店員レビュー】

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)「高徳者達の生き方の根っこにあるもの」【書店員レビュー】

[レビュアー] ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)(書店員)

著者は人間学を学ぶ月刊誌「致知」の編集長。これまでに各界の一流といわれる多くの人たちのインタビュー・取材に関わってきたという。その数6000人超。職業も違う、歩んできた人生の道のりも違う、でも一流といわれる人達には、その生き方の根本姿勢に共通した法則、セオリーがある。人格者、高徳者の振る舞い・行いにはヒトとして「やっぱりねえ…」と深く頷かざるをえない共通した「何か」があるもの。その何か。オノレの生き方に活かして学びにしたいものです。

トーハン e-hon
2016年12月17日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

トーハン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加