『英文学教授が教えたがる名作の英語』阿部公彦著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英文学教授が教えたがる名作の英語

『英文学教授が教えたがる名作の英語』

著者
阿部公彦 [著]
出版社
文藝春秋
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784163913162
発売日
2021/04/27
価格
1,925円(税込)

書籍情報:openBD

『英文学教授が教えたがる名作の英語』阿部公彦著

[レビュアー] 産経新聞社

 東京大の英文学教授が、英語で書かれた名作の「ここぞ」という場面を抜粋し、読み方や味わい方を説く。例えば、近代小説の礎となったデフォーの『ロビンソン・クルーソー』では有名な難破の場面で使われる接続詞に着目。時間の流れやリズム、臨場感がどう生み出されるかを丁寧に解説する。

 ヘミングウェーやフィッツジェラルドの作品、英語圏の作家から影響を受けている村上春樹の短編「シェエラザード」なども収録。作品の読みどころを解説したコーナーを通読すれば小説というジャンルの歴史も概観できる。英語と文学を楽しみたい人には格好の入門書。(文芸春秋・1925円)

産経新聞
2021年5月9日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加