<書評>『ぼくのコーヒー地図』岡本仁 著

レビュー

  • シェア
  • ポスト
  • ブックマーク

ぼくのコーヒー地図

『ぼくのコーヒー地図』

著者
岡本 仁 [著]
出版社
平凡社
ジャンル
産業/商業
ISBN
9784582544749
発売日
2023/09/27
価格
2,420円(税込)

書籍情報:openBD

<書評>『ぼくのコーヒー地図』岡本仁 著

[レビュアー] 永江朗(書評家)

◆息詰まる毎日に必要な空間

 昨今はたいへんなコーヒー・ブーム。自宅で豆を挽(ひ)いて淹(い)れる人も多い。しかし著者は「家ではコーヒーを飲まない」のだそうだ。毎日のようにコーヒー店で飲む。仕事をしていて気分を一新したいとき、手持ち無沙汰なとき、歩き疲れたとき。編集者であり、人気エッセイストでもある著者は、全国のさまざまな街を訪れる。そして、入ったコーヒー店の写真を短い文章とともにインスタグラムに投稿している(IDはmanincafe)。それがこの本のもとになった。

 北海道から鹿児島まで全国58都市、166店が登場する。昔ながらの喫茶店もあれば、最近できたおしゃれなカフェもある。私の好きな店もいくつか紹介されている。どの店にも共通しているのは居心地の良さだ。写真と文章から店内の空気が伝わってくる。

 息が詰まるような毎日のなかで、こういう空間とこういう時間こそが必要だと痛感する。一杯のコーヒーを飲みながらぼんやりすごす瞬間に人生がある。この本はたんなるガイドブックではない。

(平凡社・2420円)

1954年生まれ。編集者。著書『果てしのない本の話』など。

◆もう1冊

『僕は珈琲』片岡義男著(光文社)。コーヒーにまつわる映画や音楽の思い出をつづる。

中日新聞 東京新聞
2023年10月29日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

中日新聞 東京新聞

  • シェア
  • ポスト
  • ブックマーク