明文堂書店石川松任店「密室に特化した、限りなく純真なミステリ」【書店員レビュー】

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

密室蒐集家

『密室蒐集家』

著者
大山 誠一郎 [著]
出版社
文藝春秋
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784167904883
発売日
2015/11/10
価格
713円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

明文堂書店石川松任店「密室に特化した、限りなく純真なミステリ」【書店員レビュー】

[レビュアー] 明文堂書店石川松任店(書店員)

警察内部で伝説となっている存在がいる。時間の流れさえ超越する、神出鬼没の名探偵のことである。彼は《密室蒐集家》を名乗り、密室が絡む事件になると突如現れ、謎を解き明かすのだ。
本書は「柳の園」「少年と少女の密室」「死者はなぜ落ちる」「理由ありの密室」「佳也子の屋根は雪ふりつむ」の五篇からなっていて、密室、密室、密室のオンパレードだ。密室のバラエティーの多さに驚かされる一冊になっている。密室に特化した、限りなく純真なミステリだ。

トーハン e-hon
2016年1月19日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

トーハン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加