『ユダヤ人と近代美術』圀府寺(こうでら)司著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユダヤ人と近代美術

『ユダヤ人と近代美術』

著者
圀府寺司 [著]
出版社
光文社
ジャンル
芸術・生活/絵画・彫刻
ISBN
9784334039011
発売日
2016/01/19
価格
1,274円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『ユダヤ人と近代美術』圀府寺(こうでら)司著

[レビュアー] 産経新聞社

〈あなたはいかなる像も造ってはならない〉と「出エジプト記」にあるように、ユダヤ教は偶像崇拝を禁じてきた。しかし啓蒙(けいもう)主義思想の影響で19世紀以降、ユダヤ人画家、彫刻家は増えてゆく。

 単に「幻想的」などと表現されがちなシャガールの絵も、イディッシュ語の世界観で見れば、より具体的な理解につながるという。またロシア(現ラトビア)生まれの抽象画家、マーク・ロスコの絵に祈りのようなものを感じる背景についても、解き明かしてゆく。時に迫害を受けながら、ユダヤ人は美術とどう関わり何を託してきたのかを追ってゆく。(光文社新書・1180円+税)

産経新聞
2016年4月24日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加