老いの風景 物語で経験する「生老病死」 [著]石光勝

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老いの風景

『老いの風景』

著者
石光 勝 [著]
出版社
中央公論新社
ISBN
9784120048821
価格
1,836円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

老いの風景 物語で経験する「生老病死」 [著]石光勝

[レビュアー] 週刊新潮

 現在82歳の著者はテレビ東京の元常務取締役。自身の老いと対峙しながら、文学や映画を通じて生老病死と愛を探っていく。使われるのは深沢七郎『楢山節考』、丹羽文雄『厭がらせの年齢』、ヘミングウエイ『老人と海』、山田洋次監督の『東京家族』などだ。

新潮社 週刊新潮
2016年10月6日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加