新全体主義の思想史

コロンビア大学現代中国講義

新全体主義の思想史

著者
張博樹 [著]/石井 知章 [訳]/及川 淳子 [訳]/中村 達雄 [訳]
出版社
白水社
ジャンル
社会科学/社会
ISBN
9784560096994
発売日
2019/05/30
価格
4,536円(税込)

内容紹介

六四、三十年を悼む

 自由に発言することを望んで、中国社会科学院哲学研究所を解雇された著者は現在、米コロンビア大学で教鞭を執りながら、祖国を見詰める。
 本書はそのコロンビア大学で開講されている「現代中国の九大思潮」がもとになっている。
 その最大の特長は、現代中国を従来のように権威主義体制として理解せず、「新全体主義」と捉えていることである。
 ただ、この強権体制を見る視点は独裁一色というような単純なものではない。
 ポスト「六四」天安門の思想状況は、高度経済成長とともに、党=国家体制へと回収されていく強力なナショナリズムが醸成されたのは確かに事実である。
 だが、その過程は、グローバル化や通信技術の革新の下で展開しており、一党独裁を支える政治・社会思想はかつてのように一枚岩ではない。
 こうした新たな眼鏡を持つことが、一党独裁を掘り崩していく知的な土台になる。本書が「新全体主義の知識社会学」と自ら規定しているのは、この意味においてである。世界的に注目される自由の闘士による中国批判理論構築の試み。

データ取得日:2019/08/18  書籍情報:版元ドットコム