極東ナチス人物列伝

日本・中国・「満洲国」に蠢いた異端のドイツ人たち

極東ナチス人物列伝

著者
田嶋信雄 [編集]/田野大輔 [編集]/大木毅 [著]/工藤章 [著]/熊野直樹 [著]/清水雅大 [著]
出版社
作品社
ジャンル
歴史・地理/歴史総記
ISBN
9784861828829
発売日
2021/12/24
価格
2,970円(税込)

内容紹介

時代を左右したにもかかわらず、本国にいられなかった“怪しすぎる”面々。

防共協定締結の立役者であり終戦工作にも携わったフリードリヒ・ハック、蔣介石に協力したハンス・クライン、「満洲国」のアヘンに関わったヘルムート・ヴォータート、ゾルゲ事件の渦中にいたヨーゼフ・マイジンガー等々、「第三帝国」と東アジアのはざまで浮かび上がる奇天烈な人物たち。彼らから矛盾と対立に満ちた国際関係と歴史の実相が見えてくる。『独ソ戦』(岩波新書)大木毅氏ら、気鋭の強力執筆陣が描く、第二次大戦秘史。

 1930年代から40年代にかけて、日本とドイツは加速度的に連携を深めていったように見えるが、両国の関係はきわめて多元的で、たえず緊張と軋轢をはらんでいた。
 そうした複雑な外交関係のなかで、本国ドイツにいられなかった“怪しげな”政商や情報ブローカー、政治的活動家、外交官として暗躍したドイツの「異端者」たちがいた。
 「満洲国」、日独防共協定、上海租界、ゾルゲ事件などを焦点として、両国の行く末を左右したこれらの知られざる「政治的投機者」たちの足取りを追い、その周辺の一群の関係者たちの動向を浮かび上がらせることで、矛盾と対立に満ちた日独関係の実相を明らかにするとともに、従来のイメージを一新する新たなナチス像を本書は提示する。

データ取得日:2024/06/14  書籍情報:JPO出版情報登録センター
※書籍情報の無断転載を禁じます