<東北の本棚>少年たちの成長 丁寧に

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黒紙の魔術師と白銀の龍

『黒紙の魔術師と白銀の龍』

著者
鳥美山 貴子 [著]
出版社
講談社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784065288207
発売日
2022/09/07
価格
1,540円(税込)

書籍情報:openBD

<東北の本棚>少年たちの成長 丁寧に

[レビュアー] 河北新報

 命を吹き込まれた折り紙が躍動する児童向けファンタジー小説。小学6年の少年たちの成長も丁寧に描いた。

 主人公の悠馬が山で黒いトカゲを捕まえると、正体は折り紙。自宅に持ち帰ると、夜に動いた気がして薄気味悪く感じる。同じ学級の啓図が通う折り紙教室に行くと、先生に紙のトカゲを預けることになった。厄介払いできたと安心していたら、先生の行方が分からなくなる。

 悠馬と啓図が山で先生を捜し始めてから、折り紙から実体化した生き物たちが次々と登場する。カニや鳥が出てきたかと思えば、竜も姿を現した。クライマックスでは壮大なスケールのバトルを繰り広げる。

 少年たちの人間関係や心の内の描写も注目すべき点だ。悠馬は植物が好きなのに、周りにからかわれるのを恐れ表に出せない。啓図はクラスで浮いた存在になりながらも折り紙に没頭しており、悠馬はうらやましさすら感じる。

 終盤、悠馬が「好きなことにまっすぐで、何が悪いんだよ!」と叫ぶ場面がある。この言葉こそ、著者が作品を通じて訴えたかったテーマではないか。

 著者は湯沢市在住。本書がデビュー作で第62回講談社児童文学新人賞を受賞した。
(柏)
   ◇
 講談社03(5395)3535=1540円。

河北新報
2023年1月15日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

河北新報社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加