『ラザロの迷宮』神永学著

レビュー

  • シェア
  • ポスト
  • ブックマーク

ラザロの迷宮

『ラザロの迷宮』

著者
神永/学
出版社
新潮社
ISBN
9784103066088

書籍情報:openBD

『ラザロの迷宮』神永学著

[レビュアー] 産経新聞社

「心霊探偵八雲」シリーズで人気の作家がデビュー20周年で挑んだ初の本格ミステリー長編。

ミステリー作家の月島理生は、殺人事件の犯人を当てる脱出ゲームに参加した。その会場で本物の死体が発見される。一方、記憶を失った男が血まみれで警察署に現れ、刑事の美波紗和が捜査に当たるが-。2人がそれぞれ目の当たりにする不可解なできごとは、つながるようでつながらない。

帯付きに見えるカバーは、イラストと惹句部分との境目から展開できる仕掛け。裏側に物語を巡るショートストーリーが隠れている。本編を読む前後で仕掛けの味わいが変わる。(新潮社・1980円)

産経新聞
2023年10月29日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • シェア
  • ポスト
  • ブックマーク