児童書『しあわせないぬになるには にんげんにはないしょだよ!』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

しあわせな いぬに なるには

『しあわせな いぬに なるには』

著者
ジョー・ウィリアムソン [著]/木坂 涼 [著]
出版社
徳間書店
ジャンル
文学/外国文学小説
ISBN
9784198640545
発売日
2016/01/16
価格
1,728円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

児童書『しあわせないぬになるには にんげんにはないしょだよ!』

[レビュアー] 佐々木詩

■犬の行動を犬の目線で

 シンプルな色使いと個性的な線描に、ファッションデザイナーである作者のセンスが光る。犬たちの生き生きした表情が印象的だ。

 この絵本は本当は人間が読んではいけないものらしい。だって、冒頭には「くれぐれもにんげんたちには『ないしょ』にしておいてくださいね!」と書かれているから。それもそのはず、これから飼い主の元に行く犬たちへ、飼い主と楽しく幸せに暮らすにはどうしたらいいかを伝える「ノウハウ本」なのだ。

 現在、幸せな“飼い犬ライフ”を送る先輩犬が、寝る場所や飼い主との遊び方についてレクチャー。愛犬家が見れば「こういうことあるある!」という犬の行動が、犬の目線で描かれていて面白い。そういえば、わが家の1歳になる犬にも思いあたる節がある。さては、どこかでこの絵本を読んでからうちに来たな?

 ユーモアあふれるエピソードの数々は、犬が人間のよきパートナーであることを教えてくれる。この一冊を通じて小さな家族との絆が深まるに違いない。(ジョー・ウィリアムソン作、木坂涼訳/徳間書店・1600円+税)

 佐々木詩

産経新聞
2016年2月7日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加