日経新聞グループがサブカル的書籍を出版していいの?『宝くじで1億円当たった人の末路』に疑問の声

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月23日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、ビジネス書第1位は『考え方 人生・仕事の結果が変わる』が獲得した。
 第2位は『はじめての人のための3000円投資生活』。第3位は『マンガでわかる!誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方』となった。

 4位以下で注目は7位にランクインした『宝くじで1億円当たった人の末路』。ウェブサイトで大きな話題となった記事が書籍化された。表題にもあるとおり「宝くじで1億円当たった人」の末路から、「事故物件を借りた人」「友達ゼロの人」「一生賃貸派と決めた人」「外国人観光客が嫌いな人」「キラキラネームの人」など、様々な人の人生を追い、その末路を綴った一冊。様々な状況に陥った人々の悲喜こもごもが23編収録されている。日経BP社のウェブサイトでは「日本経済新聞社グループの企業がサブカル的書籍を出版することに違和感を抱く」との疑問に「全編を読むことで、日本経済の状況や日本企業の課題、成熟市場で事業を成長させるヒント、確率学、行動経済学、進化心理学など、『今を生きるビジネスパーソンが身につけておきたい経済・経営知識の基本』に触れられる構成になっています」と答えている。

1位『考え方 人生・仕事の結果が変わる』稲盛和夫[著](大和書房)

どんな境遇にあっても、ひたむきに人間を磨く。当代随一の経営者が実践してきた自己成長を促し、真の充足をもたらす唯一つの方法(大和書房ウェブサイトより)

2位『はじめての人のための3000円投資生活』横山光昭[著](アスコム)

4000人が大成功! 毎月3000円から「貯金感覚」でできる横山式カンタン投資法! 3000円投資生活なら【投資経験がゼロでも】【貯金がなくても】誰でもカンタンに始められてお金がしっかり増えていきます。話題の家計再生コンサルタントが「人生を変える」お金の増やし方をお教えします!(アスコムウェブサイトより)

3位『マンガでわかる!誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方』野口敏[著](すばる舎)

ベストセラー『誰とでも15分以上 会話がとぎれない話し方 66のルール』をさらにわかりやすく紹介しているのが本書。会話をするときに、自分と相手の気持ちに目を向けて、「気持ちのキャッチボールをする」というシンプルな方法で会話がドンドンふくらむコツをマンガでわかりやすく紹介しています。1話読むごとに、会話力が身について会話についての悩みが吹き飛びます!(すばる舎ウェブサイトより)

4位『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』岸見一郎[著]古賀史健[著](ダイヤモンド社)

5位『「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)』汐街コナ[著]ゆうきゆう[監修](あさ出版)

6位『「言葉にできる」は武器になる。』梅田悟司[著](日本経済新聞出版社)

7位『宝くじで1億円当たった人の末路』鈴木信行[著](日経BP社)

8位『まんがでわかる 伝え方が9割』佐々木圭一[著]星井博文[シナリオ]大舞キリコ[作画](ダイヤモンド社)

9位『「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法』大嶋信頼[著](すばる舎)

10位『マンガ 自営業の老後』上田惣子[著](文響社)

〈単行本 ビジネス書ランキング 5月23日トーハン調べ〉

BookBang編集部

Book Bang編集部
2017年5月27日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加