ホリエモンとカジノで106億溶かした井川意高 東大生の二人が刑務所で学んだ“ムショの教え”とは

ニュース

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月3日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、新書第1位は『世界一美味しい煮卵の作り方 家メシ食堂 ひとりぶん100レシピ』が獲得した。
 第2位は『逆襲される文明 日本人へ(4)』。第3位は『孤独のすすめ 人生後半の生き方』となった。

 4位以下で注目は5位にランクインした『東大から刑務所へ』。証取法違反で実刑判決を受けた堀江貴文氏と、会社法違反(特別背任)で実刑判決を受けた井川意高氏、二人の対話が本になった。二人は共に東京大学に通う元エリートだった。そんな二人が刑務所に堕ち、全てを失って学んだ“ムショの教え”とは。二人はプライベートでも交流があり、「井川さん」「たかぽん」と呼び合う仲だ。「週刊新潮」9月28日号でも対談し、お互いのムショ生活を赤裸々に語り合っている。

懲役4年「井川意高」vs.懲役2年6月「ホリエモン」の獄窓対談
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/09290600/

■新書 ノンフィクションランキング

1位『世界一美味しい煮卵の作り方 家メシ食堂 ひとりぶん100レシピ』はらぺこグリズリー[著](光文社)

人気レシピブログを運営する著者が行き着いた哲学は、「適当で楽で安く済んで、でも美味しい料理こそ、本当に必要な料理じゃないだろうか?」ということだった。「ひとりぶん」レシピで、材料はスーパーで簡単に手に入るもの、かつ一円単位で値段も明記。「適量」や「少々」という表記も一切なし! 簡単で美味しいからこそ、料理のモチベーションが湧いてくる。「ひとりで食事をする時間」を最高に楽しくて美味しい時間にするための最高の一冊、ここに誕生!(光文社ウェブサイトより)

2位『逆襲される文明 日本人へ(4)』塩野七生[著](文藝春秋)

騒然とした日々の出来事から、普遍の教訓を抜き出す珠玉のエッセイ集。(文藝春秋ウェブサイトより)

3位『孤独のすすめ 人生後半の生き方』五木寛之[著](中央公論新社)

元気な百歳老人、孫に囲まれる老後。本当にそれだけが幸せでしょうか?人生後半は十人十色。自分なりの豊かさを探す愉しみがあるはずです。人間は歳を重ね「成熟」し、「孤独」だからこそ豊かに生きられる。84歳の著者が体感し、実践する日々を豊かに楽しむ術。上手な人生の減速=シフトダウンのための必読書(中央公論新社ウェブサイトより)

4位『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』河合雅司[著](講談社)

5位『東大から刑務所へ』堀江貴文[著]井川意高[著](幻冬舎)

6位『定年後 50歳からの生き方、終わり方』楠木新[著](中央公論新社)

7位『死ぬほど読書』丹羽宇一郎[著](幻冬舎)

8位『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』ケント・ギルバート[著](講談社)

9位『知ってはいけない 隠された日本支配の構造』矢部宏治[著](講談社)

10位『戦争と平和』百田尚樹[著](新潮社)

■新書 ノベルスランキング

1位『月神の愛でる花 言ノ葉の旋律』朝霞月子[著](幻冬舎コミックス発行/幻冬舎発売)

2位『十津川警部 予土線に殺意が走る』西村京太郎[著](祥伝社)

3位『帝国海軍イージス戦隊(1)鉄壁の超速射砲、炸裂!』林譲治[著](電波社)

4位『僕のヒーローアカデミア(1) 雄英白書』堀越耕平[原作]誉司アンリ[小説](集英社)

5位『豪華客船で恋は始まる(13)』水上ルイ[著](リブレ)

6位『精霊使いと花の戴冠』深月ハルカ[著](幻冬舎コミックス発行/幻冬舎発売)

7位『7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー』綾辻行人 他[著]文芸第三出版部[編](講談社)

8位『京都・舞鶴殺人事件 人情刑事・道原伝吉』梓林太郎[著](徳間書店)

9位『僕のヒーローアカデミア(2)雄英白書』堀越耕平[原作]誉司アンリ[小説](集英社)

10位『劇場版総集編 ハイキュー!! 才能とセンス』古舘春一[原作]吉成郁子[小説](集英社)

〈新書 ノンフィクション / 新書 ノベルス ランキング 10月3日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2017年10月7日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加