稲垣吾郎もデートを希望 矢部太郎が大家さんとの「ほっこり」する素敵なエピソードを披露

テレビ・ラジオで取り上げられた本

198
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TBS「ゴロウ・デラックス」公式サイトより

 稲垣吾郎さん(44)が司会を務める読書バラエティー「ゴロウ・デラックス」(TBS系)に13日、お笑いコンビ・カラテカの矢部太郎さん(40)が出演した。番組は若手芸人の矢部さんをアイドルの稲垣さんが羨むという不思議な展開をみせた。

■みんな、ほっこり

 この日の課題図書は矢部さんが同じ一軒家に住む大家さんとの交流を描いた『大家さんと僕』(新潮社)。昨年10月の発売以来、2人の泣けて笑える温かい交流が「ほっこりする」と話題になり、現在では20万部を突破する大ヒットとなっている。2人の仲睦まじさは稲垣さんも「こんな大家さんいたらいいなあ」と羨むほど。番組アシスタントの外山惠理アナウンサーも「読んだほうがいいと思います、この漫画」と大プッシュ。

 番組でも二人の摩訶不思議な関係に注目。同書の中から厳選したエピソードを稲垣さんが矢部さん役、と外山アナが大家さん役で朗読した。

 矢部さんの誕生日に大家さんが「おはぎ」に仏壇用ロウソクを立てて祝ってくれたという。また2人で鹿児島旅行にまで行ったという驚きのエピソードも紹介。2人で伊勢丹に買い物に出かけた「伊勢丹ランデブー」というエピソードでは大家さんのセレブな一面が垣間見られた。

>> 「伊勢丹ランデブー」の立ち読みはこちらから(https://www.bookbang.jp/ooyasantoboku/article/80

 稲垣さんは近年ではなかなかみられない大家と店子の仲の良さに驚きながらも、大家さんから貴重な戦中体験などを聞かせてもらっている矢部さんに感心し、「昔の方のお話って語り継いでいかないと」と自らにも言い聞かせるようにうなずいていた。

■稲垣さんは「かわいい」

Book Bang編集部
2018年4月14日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加