「ヲタクに恋は難しい」実写映画化決定 オタクあるある、パロディネタを三次元でどう見せるのか

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月7日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『ヲタクに恋は難しい(6)』が獲得した。
 第2位は『ハイキュー!!(33)』。第3位は『ワンパンマン(17)』となった。

 1位の『ヲタクに恋は難しい』は腐女子のOLとゲームオタクの同僚男性の恋を描いた一作。はじめはイラスト投稿サイトpixivに投稿され、女性からの圧倒的指示を得てコミック配信サイトにも掲載。2015年には書籍化も果たし、この春にはアニメ版も放映された。6巻発売前の7月下旬には実写映画化も発表された。オタク層が実感するあるあるネタや、パロディーがふんだんに盛り込まれた作品だけに、SNSからは「三次元でやられたら恥ずかしい」との声が漏れ聞こえてくる。漫画の実写化には常に賛否がつきまとうが、今作はどのような実写化となるのだろう。キャストやスタッフはまだ発表されておらず、ファンの間には期待と少々の不安が広がっているようだ。

1位『ヲタクに恋は難しい(6)』ふじた[著](講談社・一迅社)

隠れ腐女子の成海とゲーヲタの宏崇の恋愛模様を描いた超人気ヲタ恋も6巻目に突入! 光がいよいよいつものメンバーに合流し物語はさらににぎやかに! ホワイトデーに、女子会に、男・樺倉の孤独な戦いなどテンションギュンギュンなお話が満載です。そしてファン待望(?)の温泉回も含むドキドキの社員旅行編も約40Pの描き下ろしでたっぷり収録! はたして宏嵩の願い事は叶えられるのだろうか? そして同僚の名前を覚えられるのだろうか…? ヲタクな人も、そうじゃない人もいっぱい笑って、ときめいて周りのみんなに勧めたくなる尊み秀吉…! な内容でおとどけいたします。(一迅社ウェブサイトより抜粋)

2位『ハイキュー!!(33)』古舘春一[著](集英社)

稲荷崎の攻撃を、月島と連携し再び防いだ日向!! “あと1点”で勝敗が決まる緊張の中せめぎ合いは続き、決定打を求めて攻撃のリズムが上り詰めたその時…!? 試練と躍進の対稲荷崎戦──決着!!(集英社ウェブサイトより)

3位『ワンパンマン(17)』村田雄介[漫画]ONE[原作](集英社)

バング兄弟の圧倒的な実力に、まったく歯が立たないガロウ。怪人協会は瀕死のガロウを奪うべく、ムカデ長老をも繰り出した。災害レベル“竜”のムカデ長老にバング兄弟も大苦戦。ジェノスも果敢に挑むが…。(集英社ウェブサイトより)

4位『黒執事(27)』枢やな[著](スクウェア・エニックス)

5位『約束のネバーランド(10)』出水ぽすか[著]白井カイウ[原作](集英社)

6位『空母いぶき(10)』かわぐちかいじ[著]惠谷治[協力](小学館)

7位『僕らはみんな河合荘(11)』宮原るり[著](少年画報社)

8位『SLAM DUNK 新装再編版(11)』井上雄彦[著](集英社)

9位『SLAM DUNK 新装再編版(12)』井上雄彦[著](集英社)

10位『キングダム(51)』原泰久[著](集英社)

〈コミックスランキング 8月7日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2018年8月11日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加