『ビブリア古書堂の事件手帖』が映画化 黒木華、野村周平W主演

映像化

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三上延によるミステリ小説『ビブリア古書堂の事件手帖』を原作とした映画が、11月1日から全国公開される。

 原作の『ビブリア古書堂の事件手帖』は、鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」の女性店主が、実在する古書にまつわる謎と秘密を解き明かしていくライトミステリ小説。漫画やテレビドラマ化されている人気シリーズで、累計640万部を突破している。

 映画では、古書店店主を黒木華、店を手伝うことになる五浦を野村周平が演じるほか、成田凌や夏帆、東出昌大など実力派のキャストが集結。監督は「おなさ子われらに生まれ」で第41回モントリオール世界映画祭コンペティション部門審査委員特別賞に輝いている三島有紀子が務める。主題歌はサザンオールスターズの新曲「北鎌倉の思い出」に決定している。

2018年8月13日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加