滝沢カレン「料理レシピ本大賞2021を授賞したことをここに誓います」レシピ本が大賞獲得で喜びの叫び声[生活実用書ベストセラー]

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月14日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、生活実用書第1位は『10年かかって地味ごはん。 』が獲得した。
 第2位は『眼圧リセット』。第3位は『オートミール米化ダイエットレシピ』となった。

 4位以下で注目は4位にランクインした『カレンの台所』。モデルでタレントの滝沢カレンさん初のレシピブック。バラエティ番組で独特な言葉遣いで笑いを振りまく彼女だが、料理上手としてもしられている。同書は彼女特有の表現で30のレシピが紹介されており、読むだけでも楽しい一冊となっている。同書は9月7日に発表された「第8回 料理レシピ本大賞 in Japan」料理部門で大賞に輝き、テレビやSNSで大きな話題となっている。

 カレンさんは自身のInstagramで《昨年4月7日に羽ばたきました ”カレンの台所”が  本日、料理レシピ本大賞2021を 授賞したことをここに誓います。 ぎゃゃゃゃゃー(※絵文字省略 Book Bang編集部) まずは、叫ばせてください》《2つの目じゃ足りないほどの思いに涙が混み合います。でも涙なんかで視界をぼやかすのすらもったいくらい幸せしか出てこない文字たちにひたすら胸はお祭りでした。》と「言葉の魔術師」ならでは表現で喜びを爆発させている。

1位『10年かかって地味ごはん。』和田明日香[著](主婦の友社)

和田明日香さんが毎日作っている食事を公開! 友達に教えるように話し言葉で書いたレシピは、わかりやすくて画期的!(主婦の友社ウェブサイトより)

2位『眼圧リセット』清水ろっかん[著](飛鳥新社)

6つの「手のひらマッサージ」で 頭と目の周り(眼窩)を「1日1分」ほぐすだけ! 《眼圧》に注目した初めての目の健康本です。(飛鳥新社ウェブサイトより)

3位『オートミール米化ダイエットレシピ』これぞう[著]石原新菜[監修](学研プラス)

4位『カレンの台所』滝沢カレン[文・料理](サンクチュアリ・パブリッシング)

5位『眠れなくなるほど面白い 図解 内臓脂肪の話』栗原毅[監修](日本文芸社)

6位『医師が教える新型コロナワクチンの正体 本当は怖くない新型コロナウイルスと本当に怖い新型コロナワクチン』内海聡[著](ユサブル)

7位『野菜はスープとみそ汁でとればいい』倉橋利江[著](新星出版社)

8位『眠れなくなるほど面白い 図解 自律神経の話』小林弘幸[著](日本文芸社)

9位『おいしい!かんたん! オートミールでキレイやせレシピ』大越郷子[著]石原新菜[監修](新星出版社)

10位『こむら返り 整形外科の名医が教える 最高の治し方大全』出沢明[著](文響社)

〈生活実用書ランキング 9月14日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2021年9月18日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加