『ONE PIECE FILM RED』ノベルス版も初登場1位! コラボ商品も続々[ノベルスベストセラー]

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月16日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、ノベルス第1位は『ONE PIECE FILM RED』が獲得した。
 第2位は『SPY×FAMILY 家族の肖像』。第3位は『天使たちの課外活動9 極光城の魔法使い』となった。

 1位の『ONE PIECE FILM RED』は8月6日公開が始まった同名映画のノベライズ作品。同映画の重要人物・歌姫ウタの歌唱パートを、アーティストのAdoさんが担当したことでも話題となり、18日には興行収入が80億円を突破し、シリーズ最高興収を更新し、100億円の大台も見えてきた。ユニクロやくら寿司、極楽湯やビックリマンチョコ、モンスターストライクなどのスマホゲーム等々、劇場版公開に合わせた様々なコラボ企画が行われており、幅広いファンの関心を惹いている。

1位『ONE PIECE FILM RED』尾田栄一郎[原作]黒岩勉[劇場版脚本]江坂純[小説](集英社)

『ONE PIECE』25周年記念作品! 世界中が熱狂する歌姫・ウタ。素性を隠したまま発信する彼女の歌声は“別次元”と評されるほど。そんなウタがライブで初めて公の前に姿を現す! 彼女の歌声を楽しみにきたルフィ率いる麦わらの一味たち、海賊、海軍、ありとあらゆる世界中のファンが会場を埋め尽くす中、ウタが“シャンクスの娘”という衝撃的な事実が発覚! 世界を揺るがす戦いにルフィが挑む! 総合プロデューサーを務めるのは、原作者の尾田栄一郎。監督を務めるのは、人気アニメ「コードギアス」シリーズなど国内外から高い評価を得ている谷口悟朗。2022年8月6日公開、3年ぶりとなる待望の劇場版最新作をノベライズ!(集英社ウェブサイトより)

2位『SPY×FAMILY 家族の肖像』遠藤達哉[原作]矢島綾[小説](集英社)

休日に公園にでかけたフォージャー一家は、ひょんなことから超有名画家のモデルになることに。ヨルは暗殺の任務への支障を恐れ、自分の顔が世間に広まるのを阻止しようと突拍子もない行動を取り続けるのだが、ロイドはその真意がわからず…他にも自然教室でアーニャがダミアンとの仲良し大作戦を計画したり、フランキーと盲目の少女とのささやかな交流、ユーリがアーニャを職業体験施設に連れて行くなど全4本の短編を収録!(集英社ウェブサイトより)

3位『天使たちの課外活動9 極光城の魔法使い』茅田砂胡[著](中央公論新社)

学園祭で芝居に出るヴァンツァーとレティシアは大胆にも大女優ジンジャーに演技の相談をする!? 一方、ジンジャーも球形劇場のこけら落とし公演に関してジャスミンにあるお願いを……。(中央公論新社ウェブサイトより)

4位『麗しき堕天使の一夜妻 ステファノス家の愛の掟 II』リン・グレアム[作]藤村華奈美[訳](ハーパーコリンズ・ジャパン)

5位『シンデレラの涙 ベティ・ニールズ・コレクション』ベティ・ニールズ[著]古澤紅[訳](ハーパーコリンズ・ジャパン)

6位『愛をつなぐ小さき手』ルイーザ・ヒートン[作]大田朋子[訳](ハーパーコリンズ・ジャパン)

7位『鳥籠の姫に大富豪は跪く 王女と灰かぶり II』ケイトリン・クルーズ[作]山本みと[訳](ハーパーコリンズ・ジャパン)

8位『囚われの社長秘書 至福の名作選』ジェシカ・スティール[作]小泉まや[訳](ハーパーコリンズ・ジャパン)

9位『大富豪の望み ハーレクイン・ロマンス~伝説の名作選~』カレン・ローズ・スミス[作]睦月愛[訳](ハーパーコリンズ・ジャパン)

10位『消えた初恋と十五年愛』ジャッキー・アシェンデン[作]雪美月志音[訳](ハーパーコリンズ・ジャパン)

〈ノベルスランキング 8月16日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2022年8月20日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加