職業政治家 小沢一郎

職業政治家 小沢一郎

著者
佐藤章 [著]
出版社
朝日新聞出版
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784022516992
発売日
2020/09/10
価格
1,870円(税込)

内容紹介

◆日本政治の裏と表のすべてがわかる。 政治ジャーナリズムの傑作。 日本の未来に関心を持つすべての人に勧める。 ――――佐藤優氏(作家・元外務省主任分析官)推薦!◆総選挙の前に読むべき一冊 小沢さんはいまの政治家でぼくが唯一評価する人だ。政権交代が民 主主義の生命線であることを彼ほどよく理解する政治家はいない。 安保も経済も極めて難しくなっている今の時代に、小沢さんは政党 と政党が政策をめぐって競争し、失政・悪政の責任が明確化され、 政権交代で統治の変革が絶えず試みられる体制の構築をずっと求め 続けている。ちゃちな権力欲や党利党略では動いていない。誤解さ れているが、権力ゲームを超えて筋を通そうとするからしばしば孤 立してしまうんだ。彼の言葉を今こそ真摯に聞こうじゃないか。 ――――井上達夫氏(法哲学者・東京大学名誉教授)推薦!◆敗北から立ち上がる政治家の魂 政治の世界は権力をめぐる戦いであり、思想の戦いでもある。戦い には勝敗がつきもので、この30年、多くの凡庸な政治家は敗北で淘 汰された。小沢という政治家は、権力の中枢から出発し、あえてい ばらの道を歩み、何度も敗北した。民主党による政権交代を実現し た勝利の後の敗北は、安倍晋三首相による日本の私物化を許した罪 深いものである。この敗北から立ち上がり、もう一度政権交代を目 指すことは、小沢さんの最後の戦いである。彼の思いを知ること は、日本政治を立て直すために不可欠である。この本はその最適な テキストだ。 ――――山口二郎氏(政治学者・法政大学教授)推薦!政治情勢、風雲急を告げる!立憲民主党と国民民主党が解党、合流新党を結成することを表明。安倍首相は突然辞任を発表、新首相は解散に踏み切るかコロナ恐怖が列島を駆け抜ける今、オリンピックは遠のきつつある。国民は、どの政党を信じ、誰に安全と生活を託せばいいのか。有権者の「政治羅針盤」となる永久決定版!自民党中枢に駆け上がりながら時代の大きい曲がり角で離党、政治改革を志して自民党を二度も転覆させた男、小沢一郎。単独インタビュー、総時間13時間以上。執念の質問攻めに政界激変の舞台裏を語り尽くした。小沢一郎とその時代を徹底解剖。民主党政権の隠れた歴史的使命、明治以来の日本政治史における真の役割が解き明かされる。「国家戦略局」の失敗と小沢一郎に導かれた密かな成功。そこには政治の側が国民の政府予算を作るという大きな偉業があった。ポスト安倍の時代に新しい道標となる。沖縄・辺野古埋め立てに反対し続ける小沢一郎。その現実的な理由とは何か。鳩山由紀夫インタビューと併せ、重層的に普天間問題の真実に迫る。その他、松井孝治や菅直人に話を聞き、「陸山会事件」で無実の罪に落ちた石川知裕にもロングインタビュー。国民のための財政と経済、小選挙区比例代表制を軸とする政治改革、憲法9条を抱えながらの国際貢献。小沢一郎50年の政治活動を徹底的に追跡解剖し、戦後民主政治の成果と課題を手に取るように浮き彫りにする。日本政治をスポイルした本当の政治家は誰なのか? 議会制民主主義が挫折の悲鳴を上げたのはい

データ取得日:2021/05/03  書籍情報:openBD