極限の思想 ニーチェ 道徳批判の哲学

極限の思想 ニーチェ 道徳批判の哲学

著者
城戸 淳 [著]/大澤 真幸 [編集]/熊野 純彦 [編集]
出版社
講談社
ジャンル
哲学・宗教・心理学/哲学
ISBN
9784065239490
発売日
2021/11/11
価格
2,310円(税込)

内容紹介

大澤真幸・熊野純彦両氏の責任編集による新たな叢書、ついに刊行開始!「自らの思考を極限までつき詰めた思想家」たちの、思想の根源に迫る決定版。21世紀のいま、この困難な時代を乗り越えるには、まさにこれらの極限にまで到達した思想こそ、参照に値するだろう。
本書は、ニーチェの道徳批判に焦点を当てる。ニーチェは道徳を批判した。今ある道徳を改善するためではない。われわれの道徳意識を「キリスト教道徳」と規定し、これに対して一切の価値転換を迫る。では、なぜ批判したのだろうか。正義や同情をどう考えればいいのだろうか。主として『道徳の系譜学』を中心に読み解き、ニーチェ哲学の魅力と射程に迫る。

【目次より】
第一章 歴史と系譜学
第二章 ルサンチマン
第三章 良心と禁欲
第四章 生の価値と遠近法

データ取得日:2024/07/16  書籍情報:JPO出版情報登録センター
※書籍情報の無断転載を禁じます