行動経済学の処方箋

働き方から日常生活の悩みまで

行動経済学の処方箋

著者
大竹文雄 [著]
出版社
中央公論新社
ジャンル
社会科学/経済・財政・統計
ISBN
9784121027245
発売日
2022/11/21
価格
924円(税込)

内容紹介

日々の暮らしや仕事の課題、さらには大きな社会問題まで、その解決策は行動経済学にある。急速に普及したテレワークで生産性を上げるには? 新型コロナウイルス感染症対策にはどんな政策が有効? 経済活動と感染対策を両立させるには? 最低賃金の引き上げは所得向上につながる? 私たちが何気なくしがちな“非”合理なクセに、そして目の前に立ちはだかる大小の課題に、最新の経済理論を駆使して処方箋を示す。

『行動経済学の処方箋』目次

プロローグ 経済学の常識、世間の常識 

第一章 日常生活に効く行動経済学
1 「得る喜び」より2倍大きい「失う悲しみ」
2 宿題を先延ばしにしないためには?
3 よい生活のためにも初期設定が重要
4 「みんながしている」の効果
5 行動経済学で考えるお金の貯め方
6 人は誰にも偏見がある
7 悩んだときは変化を選ぶ
8 合理的な選択へと導くナッジ

第二章 行動経済学で考える感染対策
1 新型コロナウイルスへの10の手段
2 自粛していない人がこんなにいます
3 ワクチンの接種意向は高い
4 社会を縛る思い込み
5 古くて新しい生活様式
6 床に描いた矢印の効能

第三章 感染対策と経済活動の両立
1 ワクチン接種が行き渡った後の社会
2 なぜ日本人は社会経済活動よりも感染対策重視なのか
3 指数関数を直感する「70の法則」

第四章 テレワークと生産性
1 コロナ禍で進んだテレワーク
2 同僚と働くピア効果
3 オンライン会議は創造性を阻害する?
4 体罰を有効と思い違うワケ
5 仕事の「意味」と労働意欲
6 行動計画が悩みを減らす
7 良い人間関係が生産性を高める
8 ボトルネックを見つける

第五章 市場原理とミスマッチ
1 品不足になったマスクとトイレットペーパー
2 ラグビー日本代表と外国人労働者
3 誤解されてきたアダム・スミスの「国富論」
4 最低賃金の引き上げは所得向上につながるか?
5 企業の社会的責任と従業員の採用
6 「もったいない」で損してない?
7 贈り物の経済学
8 税制がもたらす意外な変化

第六章 人文・社会科学の意味
1 社会の役に立たない学問なのか?
2 反事実的思考力を養う
3 神社・お寺の近所で育つと

エピローグ 経済学は役に立つ 

参考文献

データ取得日:2024/06/17  書籍情報:JPO出版情報登録センター
※書籍情報の無断転載を禁じます